キミハナニモワルクナイヨ

鬱病でアルコール依存症、リストカットも経験した主婦です。でも、生きていかなきゃ。生きている足跡を残せたら。そんな独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今も残る…

手首の、2本の線。
時々、傷跡はうずくけど、
その傷跡を見ても、不思議と何の感情も湧いてこない。

無感情な2本の線。

あの時、なぜ、手首を傷つけようと思ったのか、
今でも、説明しきれないけれど、
ただ言えるのは、「生きててよかった」


----------

夫には、二人の姉さんがいる。

あの時、薬も飲んで、意識は朦朧としていた。
ふと、意識がはれたとき、
「まだ死んでない。。。どうして死ねないの。。。」

マシンガントークのほうの義姉ではない、
もう一人の義姉に、電話をかけていた。

義姉が、すぐに家に来て、
まだ会社にいた夫も、義姉からの連絡で帰ってきた。

夫も、私の状態が、そんなに深刻だったとは思っていなかったらしく、
その時に、初めてウツの怖さを知ったのだろう。
呆然としていた。

そして、その時まで逃げてばかりだった自分を、自覚したのだろうか。
会社を休んで、何日か一緒にいてくれた。
呆けた義父を、なんとか施設などに預けられないか、奔走してくれた。

結局、義父はどうしても嫌がり、御終いには怒り出して、
施設には、おとなしく入ってはくれなかったけど、
夫の、努力には、正直、見直した。

それ以来、夫との心のすれ違いは、驚くほど、無くなった。

----------

だから、今、時々思う。

私にとって、あの時は、ああするしか、方法がなかったのかもしれない。
私の苦しみの深さを、誰もわかってくれなかった。

あの頃、私は、ただ、一言かけて欲しかっただけだった。
「君は何も悪くないよ」
「僕は、いつでも、君の味方だよ」
スポンサーサイト

テーマ:心と幸せ - ジャンル:心と身体

  1. 2007/12/04(火) 17:57:09|
  2. 消えないカコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

カコのカンジョウ

必死に自分を騙して、カラ元気を出して突っ走ろうと思っても、
ふとした出来事で、急ブレーキがかかってしまう。

そんなときは、何を考えても、行き着く先は、
いつもカコの出来事。カコの感情。

得体の知れない真っ黒な感情が、
次から次へと、漆黒のカコから現れると、
ただただ、重いそれらのために、
からだも思考もペースダウンしてしまう。

自分に嘘をつくことはできない。
もうそろそろ観念して、カッコつける自分は止める。

得たいの知れない、おどろおどろしたものを、
すべて吐き出してしまわなければ、先へは進めない。
わかってはいたけど、実行には至っていなかった。
この、匿名の世界なら、ホントウノジブンを吐き出してしまえる?

???????????????????????????

その日は、天気は良かったのだろうか?
記憶にはない・・・
でも、たしか、お墓参りをしたから、雨は降っていなかっただろう。

その日、頭の中に渦巻いていた言葉は、
真っ黒な粘々した塊のようだった。

「勝手なこと、しやんといて!」
「あんたの好きなようにはさせへんに!」
「おまえが出てけ!!」

電話を通してくる、義姉の声は怒りで満ちていた。

そんなつもりじゃない・・・
全然、そんなつもりじゃないのに・・・

言い訳などさせない、いつものマシンガントーク。
その日は、いつもにも増して毒々しく、
それこそ、マシンガンのように連射された。

こころに刺さった、弾丸の言葉は、
二日経っても、生々しい。

その日、私は、
お墓参りを済ませ、
家の掃除も済ませ、
子どもたちの、夕食も準備し、
ただ、考えていたのは、
「いつ死のう」
「どうやって死のう」

そして、息子が夜のアルバイトに出て、
家に居るのは、呆けた爺さんだけになった時、
実行に移していた。
でも、何も痛くはなかった。
その時の、こころの痛みに比べたら・・・全然痛くなかった。

テーマ:心と幸せ - ジャンル:心と身体

  1. 2007/11/29(木) 19:07:08|
  2. 消えないカコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

こころの健康センター

一昨日
こころの健康センターという所で催されている
『ひきこもり・思春期の問題をかかえる家族の集い』
へと、行ってまいりました。


「誰かが動かなければ、現状は変わらない。
 動けるのは私しかいない。」

との思いが、モコモコ湧き出てきたため
先月から、あちこち、相談に出向いてみてる。


まず、私行きつけの、精神科。

引きこもりと聞くと、
まず、統合失調症か、うつ病を疑い、薬を出してみる。
薬で、改善に向かう場合もある。

と宣う。
う??ん、二女の場合、そんなんじゃないと思う。
薬で、治るくらいなら、苦労しないよ。
ここは、除外ね。

次に、こころの医療センター。

1時間くらい、時間をとって、話は聞いてくれたけれど
ソーシャルワーカーらしき、年配の先生
ちょっと、頼りなさげ・・・

緘黙症について詳しい専門医はいない
と、これは、はっきり仰った。。。

引きこもりから自立するための
支援・訓練の取り組みも、施設の中でしているらしいけれど
ここに来所するまでには、まだまだ時間はかかりそう。
ここは、保留。

次は、小児心療内科。

選択性緘黙症について訊きたかった。
けれど、こちらは、18歳までの子供が対象だからと、冷たい返事。

お住まいの近くの、心の相談に行かれたら?
と、地域の保健所で行われている、心の相談室を紹介される。

心の相談室には、近くの精神病院の精神科医が出向いてみえてる。

私が、一通り娘の話をすると
精神病的な要素はないと思う。
コミュニケーション障害については
知識が浅いので、はっきりしたことは答えられない。
保健所内で、引きこもりの親の会をもっているから
そこに、参加してみたら
先輩のお母さんの話から、ヒントが得られるかも。

はぁ?そうですねぇ??
と、一応、参加の意思だけ伝えてきた。


そして、一昨日行ってきた、こころの健康センター。

ここでの話が、一番腑に落ちた。

まず、子供が困っていることを、一つずつ解決していくのが良い。
その子の今ある状態によって、支援の方法は変わってくる。
タイミングのいい方法で支援しないと
効果がないばかりか、逆にひどくしてしまうこともある。
相談しながら、どのような支援ができるか進めていきましょう。

そう、それを私は探してたのよ♪

人と関わらなくても、できる仕事もあります。
と言われるので、何?なに?訊いてみた。

「アニメーター」
うん、納得。

「コンピューター関連の店の店員」
へぇ、無愛想でも、勤まる仕事らしい。

「介護福祉士」
そうなの??以外!
二女のように、スローライフ・スローペースの子は
お年寄りのペースと合うそうな。
介護士の勉強だったら、通信でも勉強できるし
介護の道へ進む子は多い、という話。

相談を終えた後
将来にちょっとでも明るさを感じられるような相談所
やっと見つけたvv
しばらく、続けて行ってみよ??


でも、暴れたりしている子の方が、支援しやすくて
娘のように、おとなしくて意思表示しない子は
かえって、支援は難しいらしい・・・

気長に、ってことでしょうね。
本当にスローペースだからね。。。

テーマ:緘黙症 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/13(土) 16:10:20|
  2. 子供への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お出掛け

久しぶりに、お出掛けした。

私が、ではなく
ニート状態の二女が。

免許は持ってるので
一人で車に乗って、買い物をしてきてた。

久々に動いてくれて、ちょっと嬉しい。
良い兆し?
でも、ここで親が期待しちゃうとダメかも。

もうしばらくは、見守ることにしましょ。


この子は、小さい頃からおとなしい子で
保育園や学校では
無口を通り越して、だんまり状態。

で、小学6年の時、学校へ行けなくなった。

中学・高校も、入学式は行ったけれど
その後、2?3週間で、やっぱり行かなかった。

通信制高校を卒業して、専門学校へ進んで
遠方まで、頑張って電車通学したけれど
喜びも束の間
その年の、12月までしか通えなかった。

その後は、自宅で充電中。

そろそろ、充電満タンならないかなぁ??


生活していくのに、やっぱりお金は必要だし
自立できる道を探していかないとね。

まあ、専門学校へ8ヶ月は通えたんだから
動き出せる日が、いつかはくるでしょ。

能天気に待つしかないか・・・

テーマ:緘黙症 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/10(水) 23:58:40|
  2. 子供への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWの一日

夫は
今日と明日、東京へ出張。

長女は
午前中、出勤。
支店長さんにお昼をご馳走になったそうな。
明日は、遊びにお出かけらしい。

長男は
バイトなのに、寝過ごして
大慌てで、朝ごはんも食べずにバタバタ出て行った。
起こさなかった、母にお怒り??
母は、君のバイト日まで把握できてないよ??
当てにしないでね・・・
明日は、たぶんお休み・・・だったはず。
昼過ぎまで、寝てるでしょ。

二女は
相変わらず、引きこもってる。

三女は
お友達の家へ、お泊り。
明日も、遊びに行くんだって。
どなたのお宅に泊まりにいくの??
と訊いても、はっきり答えない。
もしかして・・・彼氏でもできた?

彼氏ができたのなら、喜んであげるのに。
恥ずかしがらずに、言えばいいのにね。

お年頃だから、彼氏の一人や二人いても普通よね。
25才にして、彼氏歴ゼロの長女や
22才で、女の子に興味が無い長男のほうが、オカシイ・・・


それにしても、我が家のGW
ちょっぴり寂しい、切ないGWだゎ。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/03(水) 23:19:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ちゃこ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。